「廃炉ロボコン」鶴岡高専優勝 デブリ取り出し競う、福島

2019/12/15 18:32 (JST)12/15 18:43 (JST)updated 共同通信 WEB

キャプチャ.PNG東京電力福島第1原発の原子炉建屋からの溶融核燃料(デブリ)取り出しを想定した課題に、高専生が自作のロボットで挑む「廃炉創造ロボコン」が15日、福島県楢葉町で開かれた。

国内外の18チームが参加し、鶴岡工業高専(山形県鶴岡市)が優勝に当たる最優秀賞に選ばれた。

 競技では遠隔操作のロボットを内径24センチ、長さ4メートルのパイプから原子炉下部を模したフィールドに入れ、約3メートル下のデブリに見立てたボールを取って10分以内に出発地点へ戻ることに挑戦した。

 大会は4回目。全国16校の17チームとマレーシア工科大が参加した。