「国は守ると言うが...」 海洋放出、鮮魚店「これから」に水差す

2021年04月09日 08時55分 福島民友 WEB

210409news3.jpg東京電力福島第1原発の処理水を巡り、菅義偉首相と漁業者団体トップの会談から一夜明けた8日、会談の波紋は、漁業関係者だけでなく県内の市場関係者や消費者にも広がった。海洋放出を目指す政府方針に、関係者からは「影響は市場にも出る。幅広く対策を図ってほしい」との声が上がる。

 「買わない、店を訪れてくれないなど影響は如実に出る。風評は流通、販売の現場を直撃する」。いわき市久之浜地区で鮮魚店「おさかなひろば『はま水』」を経営する合同会社はまからの専務阿部峻久さん(38)は、海洋放出が行われた場合の影響を懸念し、市場関係者への対策を求める。

店では「常磐もの」にこだわり、常磐沖で取れた魚介類のほかアナゴのみりん干しなど加工品も販売。地元や首都圏の飲食店などに商品を卸してきた。

 試験操業では抑えられていた漁獲量が4月からの移行に向けた操業で増えることに期待していただけに、阿部さんは「売る自信はある。(海洋放出は)これからという動きに水を差すことになる」と不安視する。

 同社では子どもの漁業体験など人材育成にも携わってきた。「状況が悪くなるのに関わりたいという人なんていない。国は水産業を守ると言いながら、実際どう考えているのか」と疑問を口にする。

相馬復興市民市場「浜の駅 松川浦」内で食堂「浜の台所 くぁせっと」を運営する会社・そうま海拓丸代表の管野貴拓さん(45)は、「ちょっとやめてくれよという思いしかない」と率直に考えを語る。

 浜の駅は昨年10月に開場。にぎわう店内の様子に「震災前の相馬に少しずつ戻りつつある」との思いを抱いていた。そんな中での処理水を巡る動きに、大きく落胆する。

 ホテルなど宿泊施設や飲食店が多い郡山市では、新型コロナウイルスの影響で鮮魚の仲卸業が大きな影響を受けている。同市総合地方卸売市場で取引する業者は、処理水が海洋放出された場合に「風評とコロナでダブルパンチになるのでは」と警戒感を強める。

同市場に入る業者でつくる市場組合の鈴木茂雄事務局長は「東日本大震災から10年たっても、いまも根強い風評はある。政府には慎重に考えてもらいたい」とくぎを刺した。

東京電力 規制委の是正措置命令に弁明せず

4/7(水) 18:55 新潟放送 YNEWS WEB

dch491nh7dbgyz4125bt74pgczertj.jpg新潟県にある柏崎刈羽原発でテロ対策に不備があった問題をめぐり、東京電力は原子力規制委員会の是正措置命令に弁明せず受け入れることを決めました。福島第一原発の事故までさかのぼり、根本的な原因を明らかにするとしています。

新潟市で7日に会見を開いた、東京電力の小早川智明社長。

【東京電力 小早川智明社長】
「本日午前中、当社として弁明はしない旨、回答した」


東電が受け入れたのは、原子力規制委員会の是正措置命令です。原子力規制委員会は柏崎刈羽原発でのテロ対策の不備や、IDカードの不正使用などを受け、核燃料の移動を禁じる是正措置命令を出す方針を決め、東電に弁明の機会を与えていました。

これに対し東電は7日に弁明しないと回答した上で、小早川社長を含めた幹部4人について自主的に報酬の月額30%を半年間返納すると発表しました。東電は「原点」としてきた2011年の福島第一原発の事故でも、教訓を取りまとめて対応策を実行していたはずですが…。

【東京電力 小早川智明社長】
「今回の一連の事案を見ると、どうもやはり(福島事故の)当時我々がやろうとしたことが守られていれば、全くこういうことが起こらないのではないかと思えるような事象が起こっているので、あの「原点」がなぜこういった範囲において定着していなかったのか、しっかりと検証したい」

小早川社長は、根本的な原因の究明にあたっていくとしています。

一方、弁明をしないという東電の姿勢に、柏崎市の桜井市長は「ショックだ」と語りました。

【柏崎市 桜井雅浩市長】
「自分たちの行ってきたことに対しては、やはりきちんと説明。規制庁の言葉で言えば『弁明』をしてもらいたかったなと思いますけど、ある意味もう『バンザイ状態』となるとショック」


規制委は東電の「弁明なし」の回答を受けて、是正措置命令を近く正式に決定する方針です。

福島第一原発 処理水 来週にも海への放出決定で調整 政府

2021年4月8日 6時07分 NHK WEB

20201016at52S_o.jpg東京電力福島第一原子力発電所で増え続けるトリチウムなどの放射性物質を含む水の処分方法について、政府は来週にも海への放出を決定する方向で調整しており、風評被害対策に万全を期すほか安全性などの情報発信を強化する方針です。

トリチウムなどを含む水の処分方法をめぐっては去年2月、国の小委員会が基準以下の濃度に薄めて海か大気中に放出する方法が現実的だとする報告書をまとめ政府が処分方法を検討してきましたが、地元などからは懸念の声が出ています。

菅総理大臣は7日、全国漁業協同組合連合会の岸会長と会談し専門家の報告書を踏まえて政府の方針を決定する考えを伝え理解を求めました。

会談のあと岸会長は海への放出に反対する考えに変わりはないとしたうえで「国として最終的に方針を決定した場合には、責任を持って漁業者や国民への説明や風評被害対策などをしてもらいたい」と述べました。


政府は来週にも、報告書でより確実に実施できるとしている海への放出を決定する方向で調整しており、地元や周辺国の懸念を払しょくするためにも風評被害対策に万全を期すほか安全性などの情報発信を強化する方針です。

福島で選手育成、10年ぶり再開 サッカー「JFAアカデミー」

2021/4/6 18:56 (JST) 共同通信 WEB

8f5cb287c5c2272be6e3a0644da321c5_1.jpg東京電力福島第1原発事故で練習拠点を福島県広野町から静岡県御殿場市に移転していた、日本サッカー協会(JFA)の選手育成機関「JFAアカデミー福島」が6日、第16期生となる中学1年の男子19人を迎え入れて10年ぶりに広野町での活動を再開した。

 19人は同町の寄宿舎から広野中に通学。サッカー施設Jヴィレッジの周辺施設を拠点にJFA認定コーチ陣の指導を受けて世界に通用する選手を目指す。

Jヴィレッジでの6日の入校式でJFAの田嶋幸三会長は「勉学やサッカーのみならず、才能や知識、技術を社会に貢献できる人になってほしい」と激励した。

東電再評価、新潟知事が国に要望 柏崎刈羽原発の問題巡り

2021/4/5 19:35 (JST)4/5 20:07 (JST)updated 共同通信 WEB

9.jpg東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)の核物質防護不備を巡り、同県の花角英世知事は5日、原子力規制庁の荻野徹長官と面会し、2017年の同原発6、7号機の審査合格決定時、原子力規制委員会が東電に技術的能力があると認めた判断が妥当だったのか再評価するよう求めた。荻野氏は「追加検査の中で厳しくみていく。目指すところは同じだ」と応じた。

花角氏は「東電に対する県民の信頼は大きく損なわれている。特に中央制御室への不正入室、核物質防護設備の機能不全は深刻な案件と受け止めている」と指摘。面会後は報道陣に「(規制委が)許可(合格)を取り消すことも含めて考えてほしい」と話した。

北海道、核ごみ対話の場、寿都で14日初会合 NUMO 神恵内は15日軸

04/02 05:00 北海道新聞 WEB

yuutitizu.gif【寿都、神恵内】原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向け、後志管内寿都町で文献調査を進める原子力発電環境整備機構(NUMO)は1日、町民と意見交換する「対話の場」の初会合を14日に町総合文化センターで開くことを決めた。

同じく文献調査中の同管内神恵内村では15日の開催を軸に調整している。

 対話の場には両町村とも、それぞれ約20人が参加予定

NUMOが文献調査期間の約2年間に月1回程度開き、地域住民に進捗(しんちょく)状況を説明し、地域振興策を話し合う。

寿都町での初会合では処分事業に対する意見を聞き、対話の場の運営方法などを話し合う見込み。

福島「夜の森地区」今年も桜満開 そばに帰還困難区域

2021/4/3 16:33 (JST)4/3 16:45 (JST)updated 共同通信 WEB

PN2021040301001529.-.-.CI0003.jpg.jpg東京電力福島第1原発事故で一時全町避難した福島県富岡町の桜の名所「夜の森地区」で3日、桜祭りが開かれた。すぐそばには今も帰還困難区域が残るが、多くの人たちが満開の「桜のトンネル」を楽しんだ。

 見物客は新型コロナウイルス対策でマスクを着け密集を避けながら桜に見入った。

 町によると、全長2.5キロにわたる桜並木は事故前から県内有数の名所。避難指示解除が進み、現在は800メートル分を楽しめる。

2023年春には地区全域で避難指示が解除される予定。桜並木全体を楽しめる日が近づいている。