経産相「推進方針に変わりない」核燃料サイクル政策巡り

2019/11/11 19:36 (JST) 共同通信 WEB

pq0e-26iknj0s.png梶山弘志経済産業相は11日、青森県の三村申吾知事と経産省で会談し、原発の使用済み核燃料を再処理してウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料に加工し、再利用する「核燃料サイクル政策」について「推進する方針に変わりはない」と述べ、地元自治体などの理解を前提に政策を進める考えを強調した。

 現在、同県六ケ所村では、電力会社が出資する日本原燃が、使用済み燃料の再処理工場とMOX燃料の加工工場を建設している。核燃料サイクル政策を巡っては、2016年に国会で「再処理等拠出金法」が成立。MOX燃料を含む全ての使用済み燃料再処理に向けて、安定的な財務基盤確立のため、電力会社に費用を拠出することを義務付けている。

梶山氏は三村氏に対し、国の原子力政策について「青森県民には多大な貢献をいただいている」と感謝し、「情報共有しながら核燃料サイクル政策推進に向けて努力していきたい」と述べた。

 青森県が一時的に受け入れている原発から出る高レベル放射性廃棄物に関しては「青森を最終処分場にしないという約束を引き続き重視する」と話した。

 会談後に取材に応じた三村氏は「梶山経産相からは責任あるしっかりとした回答をいただいた」と評価した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント