原発賠償金詐欺か 8回目の逮捕

06月26日 20時15分 NKH WEB

画像原発事故の賠償金をめぐって、すでに逮捕・起訴されている郡山市の入浴施設の元経営者などが、こんどは須賀川市のコンビニエンスストアの営業に関するうその書類を提出するなどして東京電力からおよそ1700万円をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されました。
元経営者が賠償金をめぐる詐欺の疑いで逮捕されるのは8回目です

逮捕されたのは郡山市の入浴施設「東洋健康センター」を経営していた金孝尚容疑者(62)と、須賀川市の会社役員、大寺晃由容疑者(55)須賀川市の建設会社の元社長吉田浩二容疑者(64)の3人です。

警察によりますと3人は平成24年7月、大寺容疑者が経営していたコンビニエンスストアの震災後の売り上げを過少に申告するなどのうその書類を提出して東京電力から賠償金およそ1700万円をだまし取ったとして詐欺の疑いが持たれています。

警察によりますと金容疑者は吉田容疑者を通じて大寺容疑者に賠償金の申請を持ちかけ、手数料を受け取っていた疑いがあるということです。

調べに対し3人は容疑を否認しているということです。

金容疑者が賠償金をめぐる詐欺事件で逮捕されるのはこれが8回目で、これまでにだまし取ったとされる金額はあわせておよそ8億6000万円に上っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック