PAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発避難、国に3度目の賠償命令 京都地裁、合理性認める

<<   作成日時 : 2018/03/16 05:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/3/15 11:41 共同通信 WEB

画像東京電力福島第1原発事故の影響で避難を強いられたとして、福島県などから京都府に避難した住民174人が国と東電に慰謝料など約8億4660万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、京都地裁は15日、国と東電の責任を認め、110人に対する約1億1千万円の支払いを命じた。

全国で約30ある同種の集団訴訟では5件目の判決で、国の責任を認めたのは3件目。

 津波対策を巡る国と東電の責任の有無や範囲のほか、原告の大半を占める自主避難者が事故前に住んでいた避難指示区域外での低線量被ばくの危険性が主な争点。

 浅見宣義裁判長は、国が津波をある程度予見することは可能と指摘した。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発避難、国に3度目の賠償命令 京都地裁、合理性認める PAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる