アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
PAN
ブログ紹介
My Curtis Creek を汚したのは誰だ、怒っています。
zoom RSS

台湾の大規模停電、蔡政権に打撃 「脱原発」政策に影響も

2017/08/17 07:10
2017/08/16-18:35 時事通信 WEB

画像【台北時事】台湾のほぼ全土で15日発生した大規模停電の影響が政界に波及している。停電を引き起こした公営電力会社、台湾電力を管轄する経済部(経済産業省に相当)の李世光部長(経済相)が同日夜に引責辞任。電力供給は完全に復旧したものの、批判の矛先は林全行政院長(首相)にも向けられ、「脱原発」政策を進める民進党の蔡英文政権に打撃となりそうだ。

蔡総統は一夜明けた16日、自身が主席を務める民進党の本部で記者会見し、「みなさんに不便と不安をもたらし、おわびする」と陳謝した。林行政院長も同日の会見で謝罪するとともに、台湾全土の発電所を対象とした点検作業に着手する意向を表明した。

15日午後5時前に発生した停電は復旧に約5時間を要し、台湾全土のほぼ半数に当たる約668万世帯が一時停電した。同日中に復旧したとはいえ、連日の猛暑が続く中での事態に民衆の不満は高まっている。

 昨年5月に発足した蔡政権の脱原発政策にも暗い影を落としている。台湾ではただでさえ夏季の電力需給が逼迫(ひっぱく)しがちだが、蔡政権は電力源の1割超を占める原発を2025年までにすべて廃止し、再生可能エネルギーへの転換を進める方針だ。
今回の停電により電力供給に対する社会の不安が広がる恐れもある。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


福島第1凍土遮水壁、全面運用へ 規制委が正式認可

2017/08/16 05:45
2017/8/15 17:23 共同通信 WEB

画像原子力規制委員会は15日、東京電力福島第1原発1〜4号機の周囲の地盤約1.5キロを凍らせる汚染水対策「凍土遮水壁」で、建屋西側に残った約7mの未凍結部分の凍結を正式に認可した。東電は近く、未凍結部分の凍結を始める。

 建設に国費約350億円が投じられた凍土壁は、昨年3月末に凍結を開始してからようやく全面運用の見通しとなった。

 第1原発では、原子炉建屋内に地下水が流入して事故で溶け落ちた核燃料などに接触し、汚染水が発生。これを食い止めるために地中に氷の壁をつくり、汚染水の増加を抑える。しかし凍土壁が完成すれば、汚染水が外に漏れ出す恐れが指摘されていた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


原発事故後初めて田植踊を奉納 福島県浪江町、豊作祈願の舞い

2017/08/15 07:12
2017/8/12 18:02 共同通信 WEB

画像東京電力福島第1原発事故の避難指示が3月末に解除された福島県浪江町請戸地区の神社で12日、江戸時代から続く伝統芸能「請戸の田植踊」が事故後初めて奉納された。太鼓と歌が響く中、6人の踊り子が鮮やかな着物姿で豊作祈願の舞いを披露した。

 事故前は地元の小学生が踊っていたが、事故後の6年間で年齢層が上がり、今年は県内外に避難している経験者の中学生から大人が担った。

 福島市内に避難している舛倉美咲さん(13)は「震災前を思い出して踊れた」と満足そうな笑顔を見せた。集まった地元の人々も踊りに合わせて口上を口にしながら見守った。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大波乱の韓国「脱原発」…会場封鎖に奇襲理事会、着地点はどこに

2017/08/14 07:12
2017.8.13 15:00更新 産経新聞 WEB

画像韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権の脱原発政策が早くも混乱している。政府が6月27日の閣議で、新古里(シンコリ)原子力発電所5、6号機の工事を一時中断し、社会的な議論を経て工事の是非を判断することを決めた。原発を運営する韓国水力原子力(韓水原)にとりあえずの工事中断を求めたところ、韓水原の理事会開催を労組などが会場封鎖で阻止。その後、理事会は別の場所で奇襲的に開催して工事中止を決定して対抗した。エネルギー政策の冷静な議論が求められる中、場外乱闘が目立っている。

「新古里5、6号機をめぐる社会的な合意を導き出す」

 文大統領が6月19日、南東部の釜山(プサン)郊外で運転を終了した古里(コリ)原発1号機で演説し、脱原発を宣言した際にこう発言したのが発端だ。政府は同27日、工事進捗率約3割の新古里原発5、6号機の工事を一時中断し、公論化委員会を構成して市民陪審員が原発工事中断の是非を判断することを閣議決定した。それを受け、産業通商資源部が韓水原に工事の一時中断の履行協力を求める公文書を送付していた。

 韓国紙・東亜日報(日本語電子版)によると、7月13日に慶北慶州市の韓水原本社で理事会を開こうとしたが、工事中止に反対する労組と新古里周辺の住民らが本社1階ロビーに集結して「建設中止絶対反対」と叫び、正門から非常任理事らが入ろうとするのを阻止。労組関係者らが「働き続ける職場をこのように捨てるわけにはいかない」と主張し、出入りを封鎖したため理事会の開催は見送られたという。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


中間貯蔵施設を視察 中川環境相 就任後初めて

2017/08/13 05:29
2017/08/10 10:16 福島民報 WEB

画像中川雅治環境相は9日、東京電力福島第一原発事故に伴う除染土壌などを保管する中間貯蔵施設(双葉町、大熊町)を視察した。同施設を訪れるのは就任後初めて。

 双葉町で試験運転をしている受け入れ・分別施設では、搬入された除染廃棄物を可燃物と土壌に分ける工程について担当者から説明を受け、施設内部を見学した。視察後、中川氏は中間貯蔵施設整備について、「用地の取得は着実に進んでいる。少しでも早く機能させられるよう、地権者に説明を尽くしていく」と述べた。

 視察に先立ち、大熊町役場会津若松出張所で渡辺利綱大熊町長、富岡町役場で宮本皓一富岡町長と懇談した。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東海第二原発、再稼働認めず…出陣式で茨城知事

2017/08/12 07:19
2017年08月10日 14時51分 読売新聞 WEB

画像茨城県の橋本昌まさる知事(71)が10日、東京電力福島第一原発事故後、運転停止が続く日本原子力発電東海第二原発(茨城県東海村)について「再稼働を認めない」と、同日告示された知事選の出陣式で発言した。

橋本氏はこれまで実効性のある広域避難計画策定など厳しい条件を挙げながらも、再稼働自体は否定していなかった。しかし、この日は報道陣に対し、「条件は撤廃し、無条件で認めない。
子供を持つお母さん方から原発は止めてくれと言われ、県民の思いはそうなのかと感じた
」と説明した。

 知事選には橋本氏、新人で元IT会社役員の大井川和彦氏(53)(自民、公明推薦)、新人でNPO法人理事長の鶴田真子美まこみ氏(52)(共産推薦)の3人が無所属で立候補している。

大井川氏は原子力政策について「県民本位の徹底した安全対策」を掲げ、7月20日の記者会見では「住民投票の実施も選択肢の一つ」と語っていた。鶴田氏は再稼働反対を一貫して主張し、10日の演説でも「茨城県で始まった原発を止めたい」と訴えた。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


福島第一原発の敷地内で不発弾発見、陸自が回収

2017/08/11 05:46
2017年08月10日 20時03分 読売新聞 WEB

画像東京電力福島第一原発の敷地内で10日、不発弾が見つかり、陸上自衛隊の不発弾処理班が信管がないことを確認し、回収した。

旧日本陸軍の50キロ爆弾とみられるという。

 東電の発表によると、不発弾は長さ約85センチ、直径約15センチの円筒形。10日午前7時半頃、原発1〜4号機から約1キロ離れた場所で、駐車場整備のために地面を掘っていた作業員が見つけた。半径200メートルの範囲が一時立ち入り禁止となったが、廃炉作業への影響はなかった。現場周辺には戦時中、旧日本陸軍の飛行場があったという。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


続きを見る

トップへ

月別リンク

PAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる