PAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発事故で壊れた家族 夫「放射能の話は二度とするな」

<<   作成日時 : 2017/06/05 07:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017年6月3日05時08分 朝日新聞 WEB

画像 原発事故さえなければ思いも離れることはなかった――。東京電力福島第一原発の事故による避難生活は、大切な家族の関係に暗い影を落とすこともある。離れている距離や時間に加え、放射能を巡る価値観の違いなどが「溝」を広げ、離婚に至る夫婦もいる。

■夫はとどまった

 子ども3人と大阪府に避難した女性(41)は、福島市の自宅に残った夫と2015年に別れた。

 福島市は福島第一原発から約60キロ。放射能の影響を恐れ、事故翌年の12年、身寄りも土地勘もない大阪へ移った。できるだけ東日本から離れつつも、福島とは陸続きの本州、といった条件から選んだ。

 環境の変化を嫌ってとどまった夫は、互いに行き来して会うたびに「戻ってこないの」と聞いてきた。女性は「いつか戻れるのでは」と期待もしたが、避難が長引く中、子どもたちの生活は大阪で落ち着いてきていた。自身も福島の復興は願いつつ、「事故現場の収束のメドはたっておらず、まだ安心して住めない」と感じていた。

 夫との話は平行線だった。「年に何回か会うだけで、残った側と避難した側の思いを合わせるのは難しいと思った。腫れ物に触るような話になった」

 東北地方から3人の子どもと近畿地方に移り住んだ40代の女性は、14年に夫と離婚した。

 原発事故後、子どもを連れて北海道などに避難。まもなく夫から「理解に苦しむ」と離婚を切り出された。専業主婦で幼子も抱え、離婚する覚悟はなかった。不本意だったが、求めに応じて「反省文」を書き、夫の元に戻った。

 だが、納得していなかった。夫は「放射能の話は二度とするな」。避難を望む気持ちをわかってほしいのにかみ合わず、精神的に追い詰められた。「放射能で家族はボロボロになった」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発事故で壊れた家族 夫「放射能の話は二度とするな」 PAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる