PAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 黒い粒子、床に飛散の放射性物質か 原子力機構

<<   作成日時 : 2017/06/12 07:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/09-21:55 時事通信 WEB

画像日本原子力研究開発機構は9日、作業員5人が被ばくした大洗研究開発センター(茨城県大洗町)燃料研究棟108号室の事故後の写真を公開した。床面に黒い粒子があり、原子力機構は「破裂の際に散らばった放射性物質の可能性がある」と説明している。

 原子力機構によると、事故翌日の7日に室内を調査。床面14カ所を拭き取って測定したところ、作業を行っていた「フード」と呼ばれる装置付近の床面などから、最大で1平方センチ当たり55ベクレルの放射性物質が検出された。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
黒い粒子、床に飛散の放射性物質か 原子力機構 PAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる