テーマ:原発

四国電力「承服できない」伊方3号機停止、不服申し立てへ

2020/1/17 18:45 (JST) 共同通信 WEB 広島高裁の仮処分決定を受けて四国電力は17日、高松市の本店で記者会見し、西崎明文常務は「長期間、高度で専門的かつ厳正な審査を経て世界最高水準の基準をクリアしている。 再びの停止決定は極めて遺憾で、到底承服できない」と強調した。 西崎常務は「これまで複数の訴訟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関電原発ストップを市民らが要望 筆頭株主の大阪市に

2020/1/16 17:54 (JST) 共同通信 WEB 関西電力役員らの金品受領問題を巡り、原発に反対する関西の市民団体などでつくる「避難計画を案ずる関西連絡会」は16日、筆頭株主の大阪市の担当者と市役所で協議し「関電に原発運転は任せられない。 市として運転を止めるよう意見表明すべきだ」と要望した。 連絡会は昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月までの着手困難 福島第一原発1号機内部調査

2020/01/15 08:23 福島民報 WEB 東京電力福島第一原発1号機からの溶融核燃料(デブリ)取り出しに向けた重要作業となる原子炉格納容器の内部調査は、東電が計画していた二〇一九年度内に着手できず、開始が二〇二〇(令和二)年度以降にずれ込む見通しとなった。 調査は格納容器底部にある堆積物を採取して成分や形状などのデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊方、MOX燃料初の取り出し トラブルで遅れ

2020/1/14 12:45 (JST) 共同通信 WEB 四国電力は13日、伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の定期検査で、プルサーマル発電で使用したプルトニウム・ウラン混合酸化物(MOX)燃料を取り出した。 四国電によると、本格的なプルサーマル発電でMOX燃料を取り出したのは全国初で、時間は午後11時57分。  13…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊方原発 核分裂反応抑える「制御棒」1体を誤って引き抜く

2020年1月12日 22時25分 NHK WEB 定期検査中の愛媛県伊方町にある伊方原子力発電所3号機で、12日、核分裂反応を抑える「制御棒」1体を誤って引き抜くミスがあり、四国電力は原因を調べています。 四国電力によりますと、伊方原発3号機で12日午後、核燃料の核分裂反応を抑える役割がある「制御棒」48体のうち1体が原子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新成人、解体の母校に別れ 原発事故被災の福島・富岡

2020/1/12 16:57 日経 WEB 東京電力福島第1原発事故による避難指示区域が残る福島県富岡町で12日、成人式が開かれ、約40人の新成人が参加した。 事故当時小学5年だった新成人は式典後、事故後に使われなくなり、2月に解体が始まる小学校を訪問、思い出の校舎との別れを惜しんだ。 町教育委員会によると、事故で全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故で一時全域に避難指示の福島 浪江町で成人式

2020年1月11日 18時39分 NHK WEB 東京電力福島第一原発の事故で、一時、全域に避難指示が出された福島県浪江町で成人式が行われ、事故当時、小学5年生だった新成人たちが久しぶりに町で再会しました。 浪江町は3年前に、原発事故による避難指示が町の面積の約20%で解除され、事故後、町内で成人式が行われるのはことしが3回目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発 凍土壁の冷却材漏れか 汚染水減らす対策で運用

2020年1月9日 23時27分 NHK WEB 福島第一原子力発電所の汚染水の発生を減らす対策として運用されている凍土壁の冷却材が一部で漏れたおそれがあり、東京電力では原因の特定を急いでいます。 凍土壁は福島第一原発の建屋の周囲の地盤を凍らせて、地下水の流入を防ぎ、汚染水の発生を減らそうと、4年前から運用が始まりました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イラン原発近くで地震2回、先月も発生

2020.01.09 CNN.JP WEB (CNN) 米地質調査所(USGS)によると、イラン南西部ブシェール州にある原子力発電所近くで現地時間の8日朝、マグニチュード(M)4.9とM4.5の地震が相次いで発生した。 震源はいずれもペルシャ湾に面する同州ボラジャン市から20キロ以内。同市の近くには2010年8月に建設されたブシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福井県内原発の発電量、大震災以降最大に 昨年、前年比14%増

2020年1月9日 中日新聞 WEB 県は、県内原発の二〇一九年の稼働実績をまとめた。対象となる八基のうち、関西電力の四基が年間を通じて通常運転を行った結果、総発電電力量は前年比14・6%増の三百五億キロワット時に増えた。東日本大震災後の一二年以降では最大で、一〇年実績(七百三十三億キロワット時)の四割に戻った。  昨年稼働…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<原発・福島のいま>福島産あんぽ柿初輸出 富裕層へ売り込み

2020年01月08日水曜日 河北新報 WEB 福島県は、県北特産の干し柿「あんぽ柿」をアラブ首長国連邦(UAE)に試験輸出した。県の記録ではあんぽ柿の輸出は初。県幹部らが7日、同国の政府関係者や商社に売り込むためUAEのドバイ入りした。あんぽ柿は東京電力福島第1原発事故後に2年間の出荷自粛を余儀なくされ、県は「農業復興の象徴」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東電社長が事故後初めて福島第1構内で年頭訓示

2020年01月07日火曜日 河北新報 WEB 東京電力の小早川智明社長は6日、福島第1原発で年頭訓示を行い、約560人の社員を前に「復興と廃炉を両立させるため、地域の一員として信頼される関係を築く」と語った。 東電の社長が第1原発構内で年頭の訓示をしたのは事故後初めて。 台風で被害を受けた昨年を振り返り「厳しい環境の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興の象徴から聖火リレー Jヴィレッジの今

2020年1月6日 05:30 報知新聞 WEB “復興五輪”と銘打たれた2020東京五輪は、東日本大震災から10年目に突入する今年7月24日にいよいよ開幕を迎える。本格的な動きとしては、3月26日に聖火リレーが復興の象徴ともいえるJヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)からスタートする。震災直後は福島第1原発事故の事故対応拠点とな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野党合流協議/妥協せず政策の感度を磨け

2020年01月03日金曜日 河北新報 WEB 今度こそ巨大与党への対抗軸となり得るのか。  立憲民主党の枝野幸男代表と国民民主党の玉木雄一郎両代表は、政党の合流に向け、幹事長間の協議を進めることで合意した。  2020年は安倍晋三首相がどんな衆院解散戦略を描くのかが最大の焦点だ。21年9月までの自民党総裁任期に「ポスト安倍」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

原発事故の避難先で成人式 福島 双葉町

2020年1月3日 19時23分 NHK WEB 原発事故による避難指示が続く、福島県双葉町の成人式が一足早く避難先のいわき市で行われ、事故当時小学生だった新成人たちが復興に向かうふるさとに貢献したいと思いを述べました。 福島第一原発が立地する双葉町は、事故から9年となるいまも全域で避難指示が続き、毎年、正月休みに行う成人式は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「復興拠点」住みよく再生 避難指示、3町一部地域「解除」へ

2020年01月02日 08時00分 福島民友 WEB 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故から9年となる3月、双葉、大熊、富岡の3町で、JR常磐線の駅周辺など一部地域の避難指示が解除される。現在も唯一、全町避難が続く双葉町にとっては初めての解除。3町をはじめ、特定復興再生拠点区域(復興拠点)を整備する各町村は、地域再生に向けた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興の灯…聖火リレー 3月26日に福島スタート 47都道府県巡る

2020 1/2(木) 7:00 毎日新聞 WEB 東京五輪の聖火リレーは3月26日から開幕日の7月24日まで121日間(移動日の7日間を含む)で全47都道府県を巡る。全国市区町村の約半数にあたる858市区町村を約1万人でリレー。 東日本大震災後に東京電力福島第1原発事故の対応拠点となったサッカー施設「Jヴィレッジ」(福島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島県産日本酒7年連続日本一、台風19号など...福島県政この1年

2019年12月31日 11時15分 福島民友 WEB 東京電力福島第1原発事故に伴った帰還困難区域などの避難指示について、双葉、大熊、富岡の3町と国、県が合意し、復興へと一歩前進した。「復興五輪」でJヴィレッジ(楢葉町、広野町)が出発地となる聖火リレーのルートが決まったほか、県産日本酒の全国新酒鑑評会での7年連続「日本一」達成な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリチウム含む水の処分 風評被害に懸念 地元の意見どう反映

12月24日5時18分更新 福島第一原子力発電所にたまり続けるトリチウムなどを含む水の処分方法について、国の小委員会は23日、基準以下に薄め、海か大気中に放出する案を中心に議論を進めるとする素案を示しました。風評被害を懸念する声が早くもあがっていて、専門家は今後、地元の意見をどう議論に反映させていけるかが焦点となるとしています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発処理水 処分方法の決定先送りできぬ

2019/12/29 05:00 読売新聞社説 WEB 福島第一原子力発電所の廃炉を進めるうえで、原発事故に伴って生じ続ける汚染水の扱いは最大の課題である。  現在、汚染水を浄化した処理水約110万トンが福島第一の敷地内の1000基近いタンクで貯蔵されている。  この処理水の処分法を議論してきた経済産業省の有識者会議が、海洋や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聖火リレールート追加要望へ 双葉町、避難指示一部解除受け

2019/12/27 09:51 (JST) 福島民友 WEB 東京電力福島第1原発事故に伴い双葉町全域に出されている避難指示の一部が、来年3月4日に先行解除される見通しとなったことを受け、伊沢史朗町長は26日、2020年東京五輪・パラリンピックの聖火リレーのルートへの追加を県実行委員会などに要望する考えを示した。  いわき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発の廃炉工程見直し 核燃料取り出し 最大で5年遅れ

2019年12月27日 11時53分 NHK WEB 福島第一原子力発電所の廃炉の今後の工程が2年ぶりに見直され、1号機と2号機の使用済み燃料プールから核燃料の取り出しを始める時期について、放射性物質を含む粉じんの飛散対策などを行うため、最大で5年遅らせることが決まりました。 福島第一原発の廃炉への道筋を示す工程が2年ぶりに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島原発3号機の詳細映像公開 大破の建屋、規制委立ち入り調査

2019/12/26 17:35 (JST) 共同通信 WEB 2011年3月に炉心溶融と水素爆発が発生した東京電力福島第1原発3号機の原子炉建屋について、原子力規制委員会は26日、立ち入り調査で撮影した詳細な映像を公開した。 映像では、大量のがれきが床全体を覆い、配管やダクトが折れて散乱。建屋内は原形をとどめておらず、事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「どの方法も風評避けられない」原発処理水放出で東電福島代表

2019/12/25 16:36 (JST)12/25 16:44 (JST)updated 共同通信 WEB 東京電力福島第1原発事故の復興支援に携わる同社福島本社の大倉誠代表が25日、共同通信のインタビューに応じ、第1原発で増え続ける処理水について「残念ながらどの処分方法を選んでも一定の風評は避けられない。 復興のブレー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

泊原発、放射性廃棄物を過少報告 30年超、実際の半分

2019/12/24 19:02 (JST) 共同通信 WEB 北海道電力は24日、泊原発(泊村)から大気中に放出している放射性廃棄物について、1号機が試運転を開始した1988年当時から、周辺自治体などに、誤って実際の半分程度の値を報告していたと発表した。 原発の運用ルールの保安規定で定める目標値は下回っており、周辺環境に影…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第1原発処理水放出 政府小委「海洋」「大気」「両方」3案提示

2019年12月24日火曜日 河北新報 WEB 東京電力福島第1原発でたまり続ける放射性物質トリチウムを含む処理水の処分方法などを議論する政府の小委員会の会合が23日、東京都内であり、経済産業省は取りまとめ案として「海洋放出」など国内外で実績のある三つの処分方法を示した。開始時期や期間は「政府の責任で決定すべきだ」と指摘した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脱原発、独で見直し論 気候変動問題で再評価

2019年12月20日07時09分 時事通信 WEB 【ベルリン時事】ドイツで、2022年までに原発を全廃する政策の見直し論が浮上している。環境活動家グレタ・トゥンベリさんの発言で一段と活発になった気候変動の議論で、発電時に二酸化炭素(CO2)を出さない原発が再評価されているためだ。国民的支持を集めた政策の修正は容易ではないが、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島・双葉、3月4日避難解除へ 駅周辺、町の復興に向け第一歩

2019/12/20 02:06 (JST)12/20 02:23 (JST)updated 共同通信 WEB 東京電力福島第1原発事故で全町避難が唯一続く福島県双葉町のJR常磐線双葉駅周辺など一部地区について、国が来年3月4日に避難指示を解除する方向で地元と最終調整していることが19日分かった。地元関係者が明らかにした。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第一原発1号機 建屋全体覆う大型カバー設置へ

2019年12月20日 4時02分 NHK WEB 福島第一原子力発電所の1号機でがれきの撤去を進めている東京電力は、放射性物質を含む粉じんが飛散するリスクを下げることなどを目的に、建屋全体を覆う高さが65メートルある大型カバーを設置することを決めました。 福島第一原発1号機では建屋の上部にある使用済み燃料プールに392体の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

希望につながる「試運転」 富岡-浪江間、常磐線・全線再開に向け

2019/12/19 09:00 (JST) 福島民友 WEB JR東日本は18日、東京電力福島第1原発事故の影響で不通となっているJR常磐線の富岡―浪江間(20.8キロ)で試運転を始めた。来年3月14日を軸に調整している運行再開に向け、線路や信号機などの最終点検を行った。 試運転の様子は18日、双葉町で報道陣に公開された。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more