「日本で最終処分場は無理」小泉元首相、寿都で講演

11/03 22:07 北海道新聞 WEB

o0862048414845543286.jpg【寿都】「原発ゼロ」を訴える小泉純一郎元首相が3日、原発から出る高レベル放射性廃棄物(核のごみ)の最終処分場選定に向けた文献調査に応募した後志管内寿都町で講演した。

小泉氏は「日本は火山や地震が多く、最終処分場はつくれない」と訴えた。

文献調査に反対する住民団体「子どもたちに核のゴミのない寿都を!町民の会」が企画。町民ら約400人が来場した。