40年超の原発 工事完了に遅れ

04月01日 07時04分 NHK WEB

images.jpg関西電力は福井県にある高浜原子力発電所1号機など40年の運転期間を超えて再稼働を目指している3つの原発について、現場での作業事故が相次いでいることから再稼働に必要な安全対策工事の工程を見直した結果、工事の完了時期が2か月から4か月程度遅れる見通しになったことを明らかにしました。

これは31日、高浜原発の木島和夫所長が福井県の高浜町役場を訪れて町の幹部に明らかにしたものです。
このなかで、木島所長は、3月13日に高浜原発でトンネル工事にあたっていた作業員がトラックにはねられて死亡した事故について、「今回の事故を深く反省し再発防止に努めるとともに作業の工期に余裕を持たせたい」と述べました。

そのうえで、40年の運転期間を超えて再稼働を目指している県内の3つの原発について、必要な安全対策工事の工程を見直したことを報告しました。
その結果、各原発の工事の完了時期は、▽高浜原発1号機がことし5月から9月に、▽2号機が来年1月から4月にそれぞれ後ろ倒しになるほか、▽美浜原発3号機もことし7月から9月になるなど、当初の予定より2か月から4か月程度遅れる見通しになったということです。

国内の原発は、運転期間が原則40年に定められていますが、国からの認可を得て最長20年の延長が認められていて、福井県内ではこれら3基で許可を得た上で安全対策工事が進められています。