原発事故の避難先で成人式 福島 双葉町

2020年1月3日 19時23分 NHK WEB

9f2e1340b3fd8819cdea0b3938be6cc1_1.jpg原発事故による避難指示が続く、福島県双葉町の成人式が一足早く避難先のいわき市で行われ、事故当時小学生だった新成人たちが復興に向かうふるさとに貢献したいと思いを述べました。
福島第一原発が立地する双葉町は、事故から9年となるいまも全域で避難指示が続き、毎年、正月休みに行う成人式は、事故の3年後から町役場の避難先となったいわき市で行われています。

ことしは事故当時小学5年生だった29人がそれぞれの避難先などから出席し、久しぶりの再会を喜びあっていました。

町では、ことし3月、JR常磐線の運転が再開する双葉駅前など、初めて一部の避難指示解除が予定されています。

伊澤史朗町長は「ようやく帰還に向けた環境整備が目に見えるようになった。これからの町づくりには若い人材が必要なので、困難を乗り越えて成長した皆さんに関わりを持ち続けてほしい」と述べました。

新成人を代表して渡辺碩さんと服部真和さんは「避難先でも、ひとときも双葉町を忘れずに過ごしてきました。成人になったいまお世話になった町に貢献したい気持ちでいっぱいです」と述べました。

式のあと新成人たちは「自分の夢を追うだけでなく町の役にも立ちたいという思いを強くした」とか「将来は町の幼稚園に戻って働きたいので、いまは東京でしっかりと子どもと向き合って仕事の経験を積みたい」などと話していました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント