「ためらう」2割超 県産食品や県内旅行、東京都民アンケート 

2019/11/29 09:13 (JST) 福島民友 WEB

tfgyjr67i67i54r300-thumb-300xauto-40134.jpg東京電力福島第1原発事故に伴う風評問題などをテーマに、三菱総合研究所(東京)が東京都民千人を対象に実施したアンケートで、福島県産の食品を食べるかどうかについての問いで、「放射線が気になるのでためらう」との回答は22.6%(前回調査比3.7ポイント減)となり、福島県に旅行で訪問するかについて同様に「ためらう」とした人は23.8%(同4.2ポイント減)に上った。

2年前の調査より改善されたが、本県産食品などへの風評が払拭(ふっしょく)できていない実態が確認された。
 原発事故に伴う放射線による健康影響を巡っては、国連放射線影響科学委員会(UNSCEAR(アンスケア))が今後健康障害が生じたり次世代の人に健康影響が生じることは「予測されない」と報告している。

三菱総研は、都民の理解は2年前と比べ大きな改善は見られないとした上で、「(一定割合の)都民が放射線の次世代への健康影響を懸念している。このような懸念が続くと、国内の一部に差別や偏見の意識が根付いてしまう恐れがある」と問題提起している。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント