31日に避難指示解除 浪江、川俣・山木屋、飯舘

2017/03/30 08:57 福島民報 WEB

画像東京電力福島第一原発事故による居住制限、避難指示解除準備の両区域は31日午前0時に浪江町、川俣町山木屋地区、飯舘村、4月1日午前0時に富岡町で解除される。

 避難区域の全体面積は、3区域に再編された平成25年8月には11市町村で計約1150平方キロに上ったが、今春の4町村の解除で約3分の1の計約370平方キロに縮小する。これは県土の2・7%に相当する。

 31日に解除される浪江町の対象人口は2月末現在、これまでに解除された市町村で最も多い1万5294人(5832世帯)。1万人以上が対象になるのは南相馬市に続き2例目。

 川俣町山木屋地区の人口は3月1日現在、1156人(548世帯)。飯舘村の対象人口は2月末現在、5828人(1747世帯)で村人口の96%に当たる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

2017年03月31日 07:55
 避難先の彼方此方でいじめにあっている子供たちのことを思うと避難解除はうれしいことですが、一方で本当に子供たちには安全なのか、そして、何の罪もない子供たちがいじめにあっている原因を作った東電と政府は自分の国を壊している自覚がないのか、不可解としか思えません。 

この記事へのトラックバック