PAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 原発同時事故は統合本部で対応 大飯と高浜、内閣府が伝える

<<   作成日時 : 2018/05/29 05:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/5/28 18:24 共同通信 WEB

画像原子力防災を担当する内閣府が、関西電力大飯、高浜両原発(いずれも福井県)で同時事故が起きた場合、先に深刻化した方の対応拠点「オフサイトセンター」に統合現地本部を設置する方針を関係自治体に伝えたことが28日までに分かった。

情報収集や住民避難などの対応を一元的に行い、効率化を図る。

 両原発の距離は直線で約14キロ。避難計画の策定が義務付けられる半径30キロ圏は重なる地域も多い。内閣府によると、30キロ圏に入る福井、京都、滋賀の3府県などに方針を示し、おおむね了解されたという。

 両原発のトラブルの状況が同じ場合は、大飯原発のオフサイトセンターに設置する。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
原発同時事故は統合本部で対応 大飯と高浜、内閣府が伝える PAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる