PAN

アクセスカウンタ

zoom RSS 日立、英原発計画で詰めの協議 28日に取締役会、事業継続の可否判断

<<   作成日時 : 2018/05/26 07:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2018.5.26 05:00 産経BIZ WEB

画像日立製作所は25日、英政府が原発新設計画で示した譲歩案を踏まえ、事業継続の可否をめぐる詰めの協議に入った。28日に臨時取締役会を開く方向で調整しており、事業を進める際の不安が和らいだと判断すれば、英政府と基本合意に当たる文書を交わす見通しだ。

 これまでの交渉で、英政府は3兆円規模に膨らんだ総事業費のうち融資部分で譲歩した。直接融資と現地金融機関の融資で2兆円を負担し、従来案より日本の政府や金融機関の負担を軽くした。出資で賄う残りの1兆円は日立、英政府と現地企業、日本の政府系金融機関や電力会社の3陣営が等分負担する。

 しかし、この譲歩案でも日本側の出資比率が大きく、建設費高騰や工事遅延で損失が発生すれば深刻な影響が出る恐れがある。思惑通り日本企業の参画を得られるかは不透明だ。

 建設後の電力買い取り価格をめぐっても、現時点では、英政府が容認できる水準は日立の要求を大幅に下回っているとされる。事業全体として採算を確保できるめどは立っておらず、日立の社内には事業継続への慎重論も根強い。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日立、英原発計画で詰めの協議 28日に取締役会、事業継続の可否判断 PAN/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる